白髪を染めたのがバレない方法!

白髪染めを使っていることがばれない上手な使い方

 

誰でも加齢によって白髪が生えるのは当然ですが、できれば「まだ白髪染めを使っていない」と思われたいですよね?

 

なぜなら、白髪が1本でも生えているだけで、どんなにおしゃれをしても、どんなにきれいな人でも「歳をとっている」という印象を与えてしまうからです。

 

また、白髪があるのに染めていない無頓着な人と思われるかもしれません。

 

 

もし、白髪染めを使うのであれば、いかにも「染めています!」という感じではなく、自然で染めているのがはっきり分からないようにしたいですね。

 

 

そのためには、白髪染めの選び方や染め方がとても重要で、美容室で染めたとしても上手なところでなければ染めたのがバレバレなんです。

 

これは、自分ではなかなか気づくことではなく、他人から見ると意外と分かりやすいものです。

 

特に、自分がすでに白髪染めを使っている人にとっては、それを見破るのはとても簡単なことかもしれません。

 

 

コツをつかんで上手に染めることで、白髪染めを使っていることが周囲の人にばれることはなく、同時に「いくつになっても白髪がなくて羨ましい」と思わせることができるのです。

 

白髪を染めているのがばれる理由

 

白髪を染めていることを誰にもばれないためには、「なぜばれるのか?」を知ることが大切です。

 

自分が白髪染めで嫌だと思う点はどこでしょうか?

 

  • 頭皮も染まる
  • すぐに白髪が目立つ
  • 内側が染まりにくい
  • 1ヶ月程度で根元の白髪が目立つ
  • 色が入りすぎて逆に不自然

 

白髪を染めてみると色々な悩みが出てくるものですが、実はこれらの悩みこそが「ばれる理由」なのです。

 

 

白髪染めは頻繁に使わないときれいな状態を保つことができません。

 

ほとんどの人が全体染めの回数を減らすために、伸びてきた部分だけを染めるリタッチをします。

 

その時、どうしても根元を染めるため頭皮まで染まってしまうのです。

 

これが明らかに白髪を染めている証拠で、普通人間の頭皮は白っぽい色ですが、茶色っぽくなってしまいます。

 

 

また、白髪染めは濃い色を染めることが多く、黒や濃い茶色を使うことでなんとなく不自然な色になってしまいます。

 

自分ではきちんと染めたつもりでも白髪染めが届きにくい内側にムラができてしまい、髪をアップにしたり風が吹いた時に目立つことがあります。

 

 

このように、ちょっとしたことで白髪を染めていることがばれてしまうのです。

 

ですから、これらの悩みすべてを解決できれば、誰にも白髪を染めていることがばれることはないと言えるのです。

 

 

ばれない白髪染め方法

 

それでは、どのような白髪染めを使うと染めていることが誰にもばれずに過ごせるのでしょうか?

 

自分で白髪を染める場合は、ドラッグストアやスーパーで購入できるクリーム、泡、ジェルなどの永久染毛剤を使うことが多く、染めたところ以外は色落ちしないとされています。

 

ですから次回に染める際は伸びてきた部分だけを染めれば良いはずです。

 

しかし、実際は白髪と黒髪の色に違いが出てきてしまい、その違いがはっきりしてしまいます。

 

 

髪は1ヶ月で1センチ伸びると言われており、白髪が数ミリでも伸びるとすぐに目立ってしまうのです。

 

ですから、白髪を隠すためにはできるだけ頻繁に染めるしか方法がありません。

 

しかし、リタッチを自分で行おうとしても、そう簡単ではありません。

 

前の方はできたとしても、後頭部の伸びてきた部分だけをきれいに染めるのは不可能なのです。

 

 

また、一般的な白髪染めを頻繁に使うとどうなるでしょう?

 

頭皮が傷み抜け毛や薄毛の原因になってしまい、白髪を染めることすらできなくなってしまいます。

 

ですから、頭皮と髪に悪影響がなく、頻繁に染めることができる白髪染めを選ぶ必要があるのです。

 

 

そんなものはないと思う人が多いと思いますが、唯一それを可能にしてくれるのが白髪染めトリートメントなのです。

 

徐々に白髪に色が入り、しかも髪に栄養まで与えてくれるのですから、これに勝るものはありません。

 

誰にもばれずに、しかも頭皮と髪の健康まで守ることができるのは、トリートメントだけなのです!