基本的な白髪染め方法

自宅で染めるにはテクニックが必要

 

ある程度の年齢になると、多くの方は自宅で白髪染めを行うでしょう。

 

美容室で染めている人もいますが、頻繁に染めていると美容室に行く回数も増えてしまうので自宅で自分で染める人が増えています。

 

しかし、自分で染めるのってなかなか難しいですよね?

 

自宅での白髪染めでも十分綺麗に染めている人もいます。
しかし、白髪染めは以外にテクニックが必要なのです。

 

その為、全く同じ白髪染めを使ったとしても、染まり具合に差が出てきます。

 

人の手を借りて染めると、見えない部分もしっかりと染められるので綺麗に染めやすいです。
けれどもいつでも人の手が借りられるというわけでもありませんし、他人に頼るのはちょっと…という方も多いですよね。

 

意外にテクニックが必要な白髪染めは、まずは基本的な染め方をマスターしなければいけません。

 

普段何気なく染めている白髪染めでも、以外に守れていない基本があるかもしれませんよ。

 

自宅で行う基本的な白髪染めのやり方

 

自宅での白髪染めの基本的な方法を説明いたします。

 

まずは手袋をはめて、タオルを首の回りにおいて、液剤が皮膚に付着しないように対策を取りましょう。

 

首元やおでこに油性のクリームを塗っても良いでしょう。

 

もしある場合はケープを着用することをおすすめします。

 

事前の準備が出来たら、鏡の前で液剤を混ぜて髪の毛に付着させていきます。

 

うまく染めるためには、ブラッシングをしてからブロッキングをして染めると良いでしょう。

 

生え際等の目立つ部分から塗り、少しずつ気になる部分を染めていき、最終的には全体に馴染ませます。

 

リタッチのみという場合は生え際のみでも良いですが、白髪は以外といろいろな部分に染めているので最後は軽く全体に付着させると良いでしょう。

 

また、耳の後ろや襟足部分は染め忘れが出やすい部分なので注意が必要です。

 

全体に塗り終えたら、放置時間を待ちます。

 

商品によって放置時間が違いますが、もししっかりと染めたい場合は5分ほど長めに設定すると良いでしょう。
間違っても放置しすぎずに、適度な放置時間で白髪染めを行ってください。

 

放置時間が終わったら、シャンプーでしっかりと洗い流していきます。

 

まずは丁寧にすすぎをして、表面についた染料をしっかりと洗い流しましょう。

 

次に、泡立てたシャンプーで全体を洗っていきます。

 

白髪染めをした後のシャンプーは二度洗いがおすすめです。
一度だけでは表面的な白髪染めしか落とせていない可能性があります。

 

2回とも、普段以上に丁寧に洗うようにしてください。

 

シャンプーの色が黒く濁らなくなったら、リンスやコンディショナー、トリートメント等で髪の毛を整えていきましょう。

 

白髪染めをした後の髪の毛は水分不足になっているので、普段よりも入念なケアが必要です。

 

髪の毛を洗い終わったら、お風呂上りにしっかりとドライヤーで乾かすようにしてください。

 

塗れたままにしていると髪の毛の浸透率が下がってしまうので、乾かすことはとても大切です。

 

これが基本的な染め方です。
あくまで基本の方法のみですが、これを守ることできちんと染められるのではないでしょうか。

 

ムラなく綺麗に自宅で白髪染めを行うコツ

 

基本的な方法を守れば、ある程度しっかりと染めることが出来ます。

 

しかし、ムラなく、綺麗に、しっかりと染めるためにはコツが必要です。

 

たとえば温度。

 

普通、白髪染めを行うときに温度難敵にしませんよね。

 

しかし白髪染めを行うときは、ヘアカラーが高いと反応が高くなって染まりやすいといわれています。
逆に温度が低いと染まりにくくなってしまうのです。

 

白髪染めを使うときは、一度室内に置いて室温に戻してから使いましょう。

 

適温は20度から30度ほどだといわれています。

 

ヘアカラーを放置している最中は、サランラップやヘアキャップをかぶることをおすすめします。

 

頭を覆うことで成分の浸透率が上がり、綺麗に色を入れることが出来るでしょう。

 

どこの家庭でもあるサランラップなら簡単に用意をすることが出来ますし、液だれや衣類、皮膚等に白髪染めが付くのを防ぐことが出来るのでお勧めの方法です。

 

白髪染め選びもとても重要です。

 

なんとな安いから、ドラッグストアで売っているから等の理由で白髪染めを選んでいませんか?

 

白髪染めは、良いものを選べば選ぶほど、綺麗にムラなく染めることが出来ます。

 

たとえば、ヘアボーテはとてもおすすめの白髪染めです。

 

泡タイプのめずらしい白髪染めなので、成分が髪の毛の内部までどんどん浸透していくでしょう。
シャンプーのように髪の毛をくしゅくしゅすることで、自分では見落としがちな生え際や側頭部、後頭部までも綺麗に染めることが可能。

 

髪の毛もほとんど痛みませんし、綺麗に染めたい人にはぴったりの商品なのではないでしょうか?

 

良い白髪染めを選ぶのも、綺麗に白髪染めを行うコツの一つなのです。