気になる同年代の白髪量・・いくつから生えるのが一般的?

気になる同年代の白髪量・・いくつから生えるのが一般的?

 

白髪が生え始める年齢は、個人差が大きいと言われています。

 

一般的には遺伝的要素が強く、両親のどちらか、または両方が若いころから白髪が多かった場合は子供に遺伝します。

 

とは言っても、白髪が遺伝するわけではなく、なりやすい体質が遺伝するだけなので早くから予防することで、ある程度は遅らせることはできるのです。

 

 

特に若白髪や、突然大量の白髪が生え始めた場合は、何らかの原因によって頭皮環境が悪化したことが考えられます。

 

ですから、その原因を突き止め解消することで白髪もなくなる可能性があります。

 

しかし、30代後半から40代になると多くの人は自然に白髪が生え始めます。

 

これは加齢が原因で、それが始まるタイミングが早い人、遅い人はいますが誰にでも起こることなのです。

 

 

同年代の友人の白髪の量が自分よりも明らかに少ない、もしくは全く見当たらないと羨ましくなってしまいますよね?

 

最初は数本だった白髪があっという間に増え、染めなくてはならないほどになると気分も落ち込みます。

 

「あの人はなぜ白髪がないのかな?」「なにか特別なケアをしているのかな?」そんなことも考えてしまいますが、加齢が原因の白髪を改善する方法はありません。

 

ですから、自分は白髪生え始めるタイミングは早かったと諦め、どうしたらばれずにきれいに染めることができるのかを考えて方が良いのです。

 

 

白髪を染め始めるタイミング

 

それでは、どれくらいの量の白髪が生えたら染め始めたら良いのでしょうか?

 

今まで自分でヘアカラー行っていた人も、美容室でカラーをしていた人も「これからは白髪染めに変える」この切り替えの時期に悩むのではないでしょうか?

 

なぜなら、数本の白髪ならば普通のヘアカラーでも色によっては目立たなくすることは可能だからです。

 

また、白髪染めを使い始めることが自分の老化を認めることにつながり、プライドが傷つく人も多いようです。

 

 

ヘアカラーでごまかせる量の時期は、今気に入っているカラーをわざわざ白髪染めに変えることはありません。

 

それでもごまかすことができなくなった時に変えれば良いのです。

 

 

しかし、普段ヘアカラーを使ていない人は早めに白髪染めトリートメントを使い始めることをおすすめします。

 

なぜトリートメントなのか?

 

日ごろからヘアカラーを頻繁に使っている髪や頭皮は、当然ダメージを受けていますが、使っていない人の髪は傷みが少ないのです。

 

その健康な髪に一般的な白髪染めを使い始めることで、ダメージを受けることになります。

 

この先加齢とともに頭皮環境は悪化し、白髪だけではなく抜毛が増え薄毛が進行することを考えると、できるだけダメージが少ない方法で髪を染めることで将来の髪のために良いのです。

 

 

トリートメントタイプの白髪染めは髪を傷めるどころか、逆に髪に良い成分を与えてくれるので、自然に白髪を隠しながら髪を健康な状態に導いてくれるのです。

 

ですから、これから白髪染めを使い始める人には、是非頭皮環境や髪の健康を考えた選び方をしてほしいのです。

 

 

一般的に使われる白髪染め

 

いよいよ白髪染めを使わなくてはならなくなったら、どのようなタイプを選んだら良いのでしょうか?

 

最近は美容室で白髪染めをするよりも自ら染めるホームカラーが人気のようです。

 

しかし、一言で白髪染めと言っても、特徴や使い方は様々で自分に合ったものを選ばなくてはなりません。

 

 

クリーム、ジェルタイプ

 

使用する直前に2剤を混ぜます。

 

ヘアカラーと同じで髪の色素を抜き、それに色を入れるのできれいな仕上がりですが、頻繁に使うと頭皮と髪を傷めます。

 

また、一人できれいに染めるには技術が必要で、ムラになることもあります。

 

 

泡タイプ

 

使用する直前に2剤を混ぜます。

 

泡で出てくるので後頭部や細かな部分まできれいに染まります。

 

しかし、クリームよりも傷みが激しく頭皮に染み込みやすいので、かぶれや痛みを感じる人もいるようです。

 

 

マニュキュア

 

ヘアカラーと同じ使用方法です。

 

髪の色を抜かずに表面に色をつけるため傷みが気になりません。

 

一人できれいに染めるには技術が必要で、ムラになることもあります。

 

色落ちが早く頻繁に染めるのが面倒な人が多いようです。

 

 

トリートメント

 

髪の健康のために使うトリートメントと同じ使用方法で、徐々に白髪に色が入ります。

 

入浴時に誰でも簡単にそめられるので、最近は多くの人が使っています。

 

一度でしっかり染めたい人には不向き

 

 

このように、白髪染めには様々な種類があるので、使いやすさや髪の健康を考えて選ぶと良いでしょう。