白髪染め よく染まるためには

よく染まる白髪染め・上手に染める方法

 

白髪 綺麗に染めたい

 

白髪染めの悩みといえば、なかなか上手に染めることが出来ないという点でしょう。

 

せっかく白髪染めを使ったのに白髪が残っている!染まりが悪くて色がムラになった!なんてことも多いのではないでしょうか。

 

自宅で染めると経済的だけれども、綺麗に染まらないという悩みが出てきます。

 

しかし、綺麗に染めるためにはいくつかのポイントを守る必要があります。

 

自分で染めるとき、ちゃんとポイントを押さえて染めていますか?

 

まず、量をたっぷりと使うことはとても大切です。

 

もったいないから、余ったらリタッチに使うからといって白髪染めの量をケチっていませんか?

 

つけすぎたところで、ダメージにつながることはありません。

 

逆に、染まりが悪くて頻繁に白髪染めを行った方が髪の毛のダメージにつながります。

 

髪の毛をしっかりと染めるためにはある程度の量が必要となります。

 

まずは十分の量をとって白髪染めを行うようにしましょう。

 

ロングヘアや髪の毛の量の多い人は、市販のカラーリング剤2箱分使う場合もあります。

 

自分の髪の毛の適正量を見極めることはとても大切です。

 

次に、放置時間です。

 

白髪染めには、それぞれ放置時間が記載されていますよね。

 

どれも放置時間はある程度の目安であり、髪質によって時間は異なるのです。

 

美容室でも、数分置きに美容師が髪の毛を確認して時間の調節をしていますよね。

 

自分自身でも、髪の毛の量や太さ、染まりやすさなどを見極めて時間の調節をする必要があります。

 

髪の毛が細い人でも、色が入りにくい場合は少し長めに液剤をつけてみてはいかがでしょうか?

 

最後にキューティクルへの浸透です。

 

普通に染める場合、液剤を塗ってからそのままの状態で放置をしてしまいますよね。

 

しかし、より色を入れやすくするためにはラップ等で髪の毛を覆うと良いでしょう。

 

髪の毛が覆われると温まり、キューティクルも開きやすくなり、液剤が入りやすくなります。

 

その為、全体に白髪染めを塗り終わったら最後にヘアキャップやサランラップでふたをするようにしましょう。

 

 

このような、基本的なことを守るだけでも色の入りが良くなるかもしれません。

 

もし見落としていた部分のある人は、これらの点を守って白髪染めを使ってみて下さい。

 

よく染まる白髪染め・白髪染めの選び方

 

上手に白髪を染めるためには、基本的な染め方を守るだけではなく、染まりやすい白髪染めを選ぶことも大切です。

 

ドラッグストアに置いている白髪染めを見ても、本当にさまざまな種類の白髪染めが販売していますよね。

 

安いから、CMで良く見かけるから、なんとなく等の理由で白髪染めを選んではいけません。

 

安い白髪染めは確かに買いやすいかもしれませんが、染まりが悪く頻繁に染め直さなければいけなくなって、結局高くついてしまう可能性があります。

 

せっかく白髪染めを行うのなら、良い白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

まず大切なのが、よく染まる白髪染めを選ぶことです。

 

白髪染めといってもさまざまな種類があり、中にはなかなか色が入りにくい商品もあるでしょう。

 

髪の毛に優しい白髪染めや品質に悪い白髪染めは、十分に染まらない可能性が高いです。

 

もちろんトリートメントタイプのように徐々に染める髪の毛に負担のかからない商品もありますが、しっかりと色を入れたいのであれば、やはり、カラーリングタイプの白髪染めがおすすめです。

 

色もちの良さも重要です。

 

いくら色の入りが良くても、すぐに抜けてしまっては意味がありません。

 

髪の毛内部まで色が浸透する、品質に良い白髪染めを選ぶようにしてください。

 

ほかにも、刺激が少なく、初心者でも全体を綺麗に染めることが出来る、なおかつコストパフォーマンスの高い製品が一番です。

 

この、すべてを満たす商品といえば、ヘアボーテ!

 

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームは、しっかりと色が入り色もちも抜群。
けれども髪の毛に負担もかからずコスパも良く、泡タイプなので初めての方でも綺麗にムラなく染めることが出来る、新しいタイプの白髪染めです。

 

値段も決して高くなく、美容室よりもずっと安い値段でしっかりと染めることが出来るでしょう。

 

良い白髪染めがない!なかなか綺麗に染まらない!という人にピッタリの商品なのです。