冬こそ体臭がきつくなる!油断せずにしっかりケア

体臭が気になる人は暑くなる夏に汗をかきやすいので冬は油断しがちになります。

しかし、油断しがちな冬こそ体臭がきつくなるのをご存知でしょうか?

汗をかきにくい冬でも体臭には気を付けておかなければいけません。

そもそも汗は無臭なので体臭として臭いを発生させるわけではありません。

汗をかいて時間が経ち、それを雑菌がエサにして繁殖することによって大量の汗を分解して臭いを発生させるのです。

ということは汗をあまりかかない冬でも雑菌が繁殖していれば臭いは出続けて体臭はおさまらないということになります。

また、寒くなる冬は服を重ね着する人がいますが、これも体臭がきつくなる原因となります。

温めることだけを考えて通気性の悪い服を重ね着すると、皮膚から排出される汗や水分などが服の中にこもってしまい、それが体臭の現になってしまうこともあります。

更に暖房がきいた温かい部屋にいることで暑くなって汗をかくこともありますし、新陳代謝が高い人や元々体臭がある人は臭いをきつくすることがあるのです。

このようなことからも分かるように、冬こそ体臭がきつくなりますので対策をとるなどして油断しないようにしましょう。

意外と臭い!ヒートテックと体臭の関係

冬のような寒い時期になるとたくさん服を重ね着することが増えますし、ヒートテックなどの温かい服を着る人もいるでしょう。

しかし、重ね着は体がジメジメしますので体臭の原因となる雑菌を繁殖させてしまいます。

では、ヒートテックは体臭とどのような関係があるのでしょうか?

ヒートテックといえば重ね着をしなくても体を温めることができますので冬になると人気を集めていますが、実は体臭と深い関係があるのです。

ヒートテックに使用されている素材はポリエステルやレーヨンですが、この2つの素材に原因があるのです。

ポリエステルは水をはじく性質がありますので汗をはじいてしまい、そのはじかれた汗が体に残って雑菌の繁殖を促してしまいます。

レーヨンは吸水性が高いのですが、汗の量が多過ぎると吸水率が飽和するという欠点があり、これが汗のついた服を乾きにくくすることによって長時間ジメジメ状態が続いて体臭の原因となります。

また、ヒートテックには吸湿発熱繊維という繊維が使用されています。

この吸湿発熱繊維は繊維が汗などの水分を吸収した時に発生する熱エネルギーを利用して保温性を高めています。

これが原因となって体が蒸れて汗をかきやすくなりますし、体臭を閉じ込めてしまいますので特にワキガ体質の人は臭いを強くしてしまいます。

このようにヒートテックと体臭には深い関係があり、決して良い関係とは言えませんので体臭がきつい人や汗をかきやすい人などは気を付けておきましょう。

冬の臭いケアは、上手な衣類調節必要

夏に比べて冬は汗をかきにくいので油断しがちな人が多くいるのではないでしょうか。

しかし、冬は重ね着によって体臭がきつくなりますし、今まで体臭がなかった人でも急に発生する可能性はありますので気を付けておかなければいけません。

そこで大切となってくるのが上手な衣類調節です。

厚着や重ね着をしなくても衣類調節することで体臭をきつくさせずに寒い冬を過ごすことができます。

衣類調節で大切となるのが素材です。

特にセーターやニットなどに使われているアクリル系やポリエステルなどは吸湿性が悪くて汗を蒸発させにくいので体臭の原因となってしまいます

こうしたセーターやニットをどうしても着たいときは汗をよく吸い取るインナーを着るようにしましょう。

そのインナーは綿や麻で作られた通気性の良いインナーを着ると良いでしょう。

また、部屋にいる時は暖房を適温にして薄毛で過ごすと良いでしょう。

それと、コートなどの厚着をして外出しますが、屋内に入った時はすぐにコートを脱いで調節するようにしてください。

こうしたことからも分かるように、こまめに衣類調節することで体臭の発生や臭いをきつくすることを防げますので気を付けておきましょう。

冬でも体臭予防は必ず必要

厚着

夏場は勿論のこと、冬でも体臭予防は必ず必要となります。

冬でも汗をかきますし着る服によっては体臭を発生させたりきつくすることがあるからです。

では、冬にどのような体臭予防をすれば良いのでしょうか?

それは、厚着や重ね着しないことや通気性の良い服を着ること、暖房を効かせ過ぎないことなどです。

また、水分不足にも気を付けておかなければいけません。

体内の水分が減ることで汗の塩分濃度が高くなり、それによって分泌される汗がベタベタして臭いが強くなります。

この他には野菜類を意識して食生活を正すことや適度な運動をすること、ストレスを溜めこまないことや飲酒や喫煙はほどほどにすることも必要となります。

場合によっては制汗剤を使用して汗を抑えるのも体臭予防になりますので、脇や足などの臭いがきつくなりやすい部位に使用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です