これ以上白髪を増やさない方法

早めに予防をすると白髪は増えない?

 

鯖

 

気付いたら白髪が生えてきていたということはありませんか?

 

じっくり鏡を見て白髪に気づくことがあれば、誰かに指摘されて気づいたという人もいるのではないでしょうか。

 

そうして気づく白髪は恥ずかしい思いをしますので白髪染めしたいのですが、予防できれば白髪染めをしなくてもすみます。

 

その予防が可能であれば面倒な白髪染めからも解放されますし、白髪染めを購入するお金がかからなくもなります。

 

では、早めに予防することによって白髪は増えないのでしょうか?

 

確かに早めに予防することによって白髪は増えないとされています。

 

そもそも白髪というものは血液中の栄養が足りなくなって色素を作りだすメラノサイトに栄養が行き届きにくくなり、これによって色を付ける命令ができなくなって白髪になりやすくなります。

 

ですので、色素を作り出すのに必要な栄養をしっかり摂ることで予防することができるのです。

 

また、食生活で栄養を積極的に摂取するだけではなく、栄養がしっかり行き届きやすくなるように血流を良くすることも重要となりますので、頭皮のマッサージやウォーキングなどの適度な運動にも心がけておくと良いでしょう。

 

このようなことからも分かるように、早めに予防をすると白髪は増えにくくなりますし、生えにくくもなりますので試してみると良いでしょう。

 

 

一度白髪になった髪は二度と黒くならない?

 

30代くらいから気になり始めてくるのが白髪ですが、放っておくとどんどん増えていってしまいますので目立って恥ずかしい思いをしますし、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

 

そんな白髪が生えてくると髪は二度と黒くならないのでしょうか?

 

これはよく耳にすることかもしれませんが、一度白髪になった髪は黒い髪になってくることもあります。

 

白髪はストレスなどの影響によって生えてくることがありますが、そのストレスから解放されることで再び黒髪が生えてくることもあります。

 

例えば手間がかかる大きな仕事を任させることによってストレスを感じ、その仕事を終わらせたときにストレスから解放されて白髪が黒髪に生え変わるということです。

 

稀に若い人で受験勉強のストレスから白髪が増えることがありますが、受験が終わることによって黒髪に戻ることもあるのです。

 

また、白髪を抜いても再び同じところから白髪が生えてくることもよくあることですが、これは黒い色素のメラニンを作り出すメラノサイトという細胞と、そのメラノサイトから色素を受け取って髪に色をつける毛母細胞が機能しなくなることで起こります。

 

毛母細胞の機能を取り戻せれば白髪が生えていたところに黒い髪を生えさせることができるのですが、なかなか黒い髪が生えてきませんので根気よく栄養摂取やマッサージなどを続け、メラノサイトの働きを活発にさせていくことが重要となります。

 

こうしたことからも分かるように、一度白髪になった髪は黒く戻せることもありますが、時間がかかりますし大変なことですので白髪染めを使用したほうがいいかもしれません。

 

 

白髪になる原因

 

人間は加齢とともに体の様々な部位が衰えていき、若いころとは違って体の中身や外見になっていってしまいます。

 

いわゆる老化というものですので仕方がありませんが、原因を知っておくことで予防したり改善したりすることも可能です。

 

その老化の症状の一つに白髪があり、様々な原因によってメラノサイトの働きが悪くなって黒い色素がついていない白髪が生えてきてしまうのです。

 

また、白髪の原因となるのは加齢だけではなくストレスや食事、睡眠などがあります。

 

メラニン色素を作り出すメラノサイトはチロシナーゼという酵素を利用してメラニン色素を作り出していますが、そのチロシナーゼは栄養不足やバランスが乱れると生成できなくなってしまいますので、食生活にも気を付けておかなければいけません。

 

睡眠が白髪の原因となるのは血行不良を起こしてメラノサイトの働きが悪くなり、更にはメラノサイトが減って白髪が増えてしまうこともあります。

 

それに、睡眠不足になると細胞分裂を促す成長ホルモンが不足してしまい、これがメラノサイトに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ストレスは頭皮の血流を悪くすることで必要な栄養が行き届きにくくなって白髪が生えやすくなりますし、ホルモンバランスが乱れて黒くて健康な髪の毛が生えにくくもなるのです。

 

このような原因がありますので予防したり改善したりしたい人は参考にして対策をとってみてください。

 

 

食事で予防

 

白髪を食事で予防するときはヨードやチロシン、銅などの栄養を積極的に摂取するようにしましょう。

 

ヨードはメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを活発にすることができ、更には髪の毛を健康に保つ働きもあります。

 

このヨードが多く含まれているものは昆布やワカメ、ブリやサバなどの海藻類と魚介類になっています。

 

チロシンはメラニン色素の原料となる栄養素となっており、カツオやマグロなどの魚介類、リンゴやアボガドなどの果物類、それにチーズ類やアーモンドなどのナッツ類にも多く含まれています。

 

銅はチロシナーゼの働きを活発にさせる作用があり、ニンニクやサツマイモ、納豆やプルーンなどに多く含まれています。

 

このような栄養を1日3色の食事で積極的に摂取するようにし、白髪を予防してみてはいかがでしょうか。

 

 

生活習慣で予防

 

白髪を予防するときには生活習慣を正すことも重要となります。

 

ストレスや睡眠不足、運動不足などが白髪の原因となるからです。

 

現代社会でストレスを感じないようにするのは無理なことといえますので、なるべく早くストレスを楽しい趣味などで解消するように心がけておくと良いでしょう。

 

睡眠不足は早く寝ることで改善することができますが、特に成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時くらいのゴールデンタイムと呼ばれる時間は熟睡しているようにしましょう。

 

運動不足は血流を悪くさせて摂取した栄養がメラノサイトに行き届きにくくなりますので、ウォーキングやジョギングなどの軽めの運動で良いので続けていくようにしましょう。

 

白髪が気になる人はこうした生活習慣の見直しで白髪を予防していきましょう。