人気のトリートメントタイプ

トリートメントタイプの白髪染めが一番おすすめ!

 

髪

 

白髪が生えてくる年齢になってきますと、どのような白髪染めで染めるのが良いのか気になってきます。

 

また白髪自体、生えてくるのは老化以外にも様々な原因があり、栄養不足やストレス、遺伝や頭皮の血行不良などが挙げられますが、そうした白髪の原因を知ってから白髪染めで染めたり生活習慣の見直しなどに取り組むのも重要なことです。

 

では、白髪染めはどのようなタイプを使用するのが良いでしょうか?

 

それは、トリートメントタイプの白髪染めが一番おすすめです。

 

トリートメントタイプの白髪染めはヘアカラートリートメントとも呼ばれており、髪の毛の表面やキューティクルの隙間に少しずつ色素を入れて白髪を染めていくタイプです。

 

また、臭いがほとんどなくて刺激も少ないため頭皮や髪の毛が傷みにくくなっていますし、シャンプー後に塗るだけで良いので簡単に白髪を染めることができます。
それと、トリートメントタイプの白髪染めに含まれる成分はメーカーによって違いがありますが、主に大きく分けて植物性由来成分と化学由来成分があります。

 

それに、トリートメントタイプの白髪染めは化粧品ですのでパッチテストの必要がありませんし、トリートメントですので使用すればするほど髪の毛が綺麗になっていくというメリットもあります。

 

価格は安い物で1000円以下のものもあれば2000円〜4000円くらいの高い物もあります。

 

このようなことからも分かるように、トリートメントタイプの白髪染めは様々なメリットがありますので初めて白髪染めする人にもおすすめできます。

 

こちらもご覧ください→白髪染めトリートメントのメリット

 

他の白髪染めとの違い

 

最近では様々な種類の白髪染めがあり、インターネットショッピングやドラッグストアなどでも気軽に購入できるようになりました。

 

その白髪染めはそもそもヘアカラーリングの一種であり、その中でも代表的となるものがヘアカラータイプとヘアマニキュアタイプです。

 

ヘアカラータイプで人気を集めているのがトリートメントタイプの白髪染めですが、では他の白髪染めとの違いは何でしょうか?

 

ヘアカラートリートメントはカラー剤の中でも酸化染毛料に分類されており、髪の毛の表面だけにカラーを着色するようになっています。

 

他の白髪染めは酸化染毛剤となっており、髪の毛の奥深くまで着色させることができます。

 

また、トリートメントタイプの白髪染めは髪の毛の表面だけに着色しますので自毛には染まらずに白髪だけを染めることができます。

 

それと、トリートメントタイプの白髪染めは色が落ちやすいので頻繁に使用する必要がありますが、他の白髪染めは色落ちしにくいので使用する頻度は少なくなります。

 

そして、トリートメントタイプの白髪染めと他の白髪染めの最も大きな違いは髪の毛や頭皮に与える影響です。

 

トリートメントタイプの白髪染めは髪の毛や頭皮に優しい成分が含まれていますので安心ですが、他の白髪染めはダメージを与える成分が含まれていますので優しくありませんし、アレルギー反応が出てしまうこともあります。

 

それに、トリートメントタイプの白髪染めはシャンプー後に使用するだけで良いので簡単に白髪を染めることができますが、他の白髪染めは準備も含めると手間や時間がかかってしまいます。

 

こうした違いがありますのでトリートメントタイプの白髪染めのほうが良いと言えるのではないでしょうか。

 

 

薄毛予防にも最適

 

白髪で悩まされている女性の中には染めようとしている人もいるのではないでしょうか。

 

そうした人にはトリートメントタイプの白髪染めをおすすめしますが、そのおすすめできる理由の一つに薄毛予防にも最適ということが挙げられます。

 

では、どうしてトリートメントタイプの白髪染めは薄毛予防にも最適なのでしょうか?

 

トリートメントタイプの白髪染めの多くには頭皮への負担が少ないとされる塩基性染料やHC染料がよく使用されているからです。

 

また、頭皮環境を整えられる成分のセンブリエキス、ニンジンエキス、シナノキエキスが含まれているものもありますし、鉱物油やパラベンなどが含まれていないものもあります。

 

それに、トリートメントタイプの白髪染めは長時間放置しなくても良いので頭皮に優しくて薄毛予防になるのです。

 

比較的、緩やかに作用する成分を含んでいますので髪の毛や頭皮へのダメージを気にすることなく使用できるのも薄毛予防に繋がるでしょう。

 

更には頭皮に優しいということもあって敏感肌の人でも安心して使用することができます。

 

このようなことからも分かるように、トリートメントタイプの白髪染めは添加物や人工的に合成された成分をあまり含んでいませんので頭皮環境を悪くすることがないから薄毛予防にも最適なのです。

 

 

色の選び方

 

日本人の髪は真っ黒という印象ですが、実は少し赤みがかかっているのが普通とされています。

 

ですので、トリートメントタイプの白髪染めを選ぶときに真っ黒だからといってブラックを選びがちですが、こうなると仕上がりが不自然になりますのでダークブラウンくらいにしておくのが良いでしょう。

 

また、落ち着いた感じに仕上げたいときはダークブラウンやダークアンバーなどの少し赤系が入ったものを選ぶと良いですし、自然で明るめの色に染めたいときはライトブラウンが良いでしょう。

 

勿論、白髪の量が多い場合もありますので、そうした場合はダークブラウンでも十分でしょう。

 

白髪染めというものは思っていたよりも暗めに仕上がりますのでイメージしているよりも少し明るいカラーを選ぶのがポイントとなります。

 

 

上手に染める方法

 

トリートメントタイプの白髪染めを使用して白髪を上手に染めるには、シャンプー後に髪を乾かしたら地肌にすりこまずに白髪が目立つ部分を中心に適量を馴染まさせます。

 

その後、髪全体にムラなく馴染ませたら3分くらい放置し、更にヘアキャップを被って再び3分くらい放置します。

 

最後にすすいだお湯に色が出なくなるまでしっかりすすぎ、タオルで水気をとったらドライヤーで乾かします。

 

こうした方法で白髪を染めると良いのですが、白髪が染まったと実感するまでに時間がかかりますので最初のうちは週に4〜5回くらいは使用し、実感してきたら週に1〜2回くらいにするのがポイントです。